人間の娘(高2)と息子(中2)とヨークシャーの娘(1才)がいます。マクロビはゆるやかに継続中なれど、お弁当日記はお休みしています。「みーた」とお呼びください。


by mi-takonerai2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4.14(火) ライスコロッケ弁当とお弁当の傷み防止策

a0056808_822123.jpg

  *玄米ご飯(鉄火味噌)
  *ライスコロッケ
     (玄米ご飯・玉葱・小麦粉・パン粉・サラダ油・塩・コショウ・ナツメグ・ケチャップ)
  *ピーマンのきんぴら(ピーマン・塩・コショウ)
  *蓮根と白滝とヒジキの炒め煮
     (蓮根・白滝・ヒジキ・醤油)
  *小松菜の胡麻和え
  *人参のマリネ(人参・レーズン・塩・酢・メープルシロップ)
  
 

コロッケ→きんぴら→炒め煮
という順番で
同じ鉄鍋で
作ってしまいました

…ゆえに
ピーマンにまぶさっているのは
パン粉です(^^ゞ 


中学に通い始めた息子が
ヨレヨレのズタボロのヘロヘロで帰宅するので
ちょっとボリューム感のあるお弁当にしてみました



++++++++++++++++++


お弁当の痛み防止のために
私が気をつけていることは

①朝に作ったものを入れる
   …面倒くさがりなので   
   こうしておけば間違いなかろうと(^^ゞ
   作り置きしてあるものは
   しっかり火を通してから使います

②ナマモノ(サラダ)は入れない
   例外はプチトマト
   きれいに洗って水気をふき取って入れます
   レタスやキャベツの千切りは入れません
   さっと茹でたり塩もみしてから
   (暑い時期は更にお酢でマリネして)入れます
   糠漬けは
   朝取り出したものを入れます


よく
冷ましてから詰める

本などには書いてありますが

①②にだけ気をつけておけば
あまり神経質に冷まさなくても
大丈夫なような気がします

…あーでも
炊きたてご飯は
流石にやめておいたほうがいいかも

湯気が出ない程度まで冷めたご飯で
お願いします


暑い時期は
ご飯を炊く時に
梅干を1個入れて炊きます
息子がやはり梅干が苦手だったので
炊き上がったご飯を混ぜる前に
梅干から遠いところのご飯を
息子用に取り分けていました
後の人には
梅干ごと混ぜたご飯を…(息子甘やかし過ぎ)

あと
友人は
冷凍枝豆を凍ったまま詰めると言っていました
私は
枝豆をビールの友として愛しているので
お弁当には入れませんが
緑の野菜の代用品にもなるので
便利だそうです

同様に
前もって凍らせておいた
自然解凍で食べられるおかずも
便利です
朝作ったものに味では負けますが
忙しいときはやむを得ません
お弁当の温度も下がるし
一石二鳥です

どんなおかずが自然解凍でOKかは
スーパーの冷凍食品を参考に…
意外に色々なものが大丈夫なんですよね



今は
保温保冷効果のある
小さいトートバッグみたいなお弁当バッグを売っているので
冷房のない場所に行く時には
そういうバッグを利用します
保冷剤を暑さに応じた個数
お弁当と一緒に入れておきます
重くなっちゃうんですけどね…



思いつくままに
書いてみました

また思い出したら
書きます>^^<
[PR]
by mi-takonerai2 | 2009-04-14 09:51 | お弁当